庭工房

不安を抱いておられるお客様へ

はじめまして、庭工房 御手洗(ミタライ)ともうします。
今回、新聞、インターネット、facebook等で当HPを見つけて頂きまして有り難うございます。これも何かのご縁でしょう

私がこれまでに体験してきた事や数多くの業者の方達から教えて頂いた事をお伝えしたいと思います

色々と偉そうな事を書かせてもらっていますが「こうしたほういい!とかああすればよい!」などとは言いません、

あくまでも私の意見であり指示や強要は一切ありません。

このレポートが月並みでも貴方様のお役に立てられたら嬉しい限りです

 

不安を抱いておられるお客様へ

まず思い浮かべてみて下さい・・・
どんなお庭にしたいのか、犬や子供と駆け回れる庭にしたいとか、シンプルな洋風にしたいとか
昔ながらの日本庭園風にしたい・・・
しかし「頭の中でのイメージはできあがってるんだけど、絵も上手く書けないしどう口頭で言えばいいのかも分からない
と、ほとんどのお客様がおっしゃいますがこれは最もなことです
そんな時はこの様な事をしてみてはどうでしょうか?

庭造りと聞いて思い浮かべる業者は「造園屋さん」ではないでしょうか?

昔は造園と呼ばれていたお庭工事ですが、今ではその種類も増えております
造園といっても主に門扉やカーポート等のエクステリアをしている業者、木の剪定を専門とする業者、本当の庭造り(石組みや植樹)の業者など、様々に分かれています。
しかし今では、どれも一緒になってみんなが造園業者みたいになっている状態です。
だからと言って、どこに頼んでも同じ・・・と言うわけではありません
下記の点に注意して、施工業者を選ぶようにしてみてはいかがでしょうか?

 

不安を抱いておられるお客様へ

インターネットを活用して自分のイメージに近い画像を探してみましょう
※例えば 「庭 外観」 とか 「(洋風 和風)庭 イメージ」などで画像検索をかけてみるなど

あなたの理想に近い画像を見つけてその画像等を業者の方に「こんな感じの庭にしたいです」と伝えればOKです

もうひとつは自分の足で住宅街をいろいろ散歩して見てまわりましょう!
おおよそのイメージが掴めるだけでもヒアリング(あなたと業者様の打ち合わせ)の際に捗ることでしょう。

どうでしょうか、お庭造りが意外と身近に感じてきませんか?

 

不安を抱いておられるお客様へ

先程も書きましたが、造園といっても主に門扉やカーポート等のエクステリアをしている業者、木の剪定を専門とする業者、本当の庭造り(石組みや植樹)の業者がありますが、今ではどれも一緒になってみんなが造園業者のようになっている状態です。
つまり、業者によって得意分野と苦手分野があるのです。
例えば、エクステリア専門の業者は施工専門ですので、石や木に関する専門知識を持っていません。逆に造園専門の業者はエクステリアについての知識を持っていません。

それをどのように見分けるかですが実際に業者に「何を専門にしているんですか?」と聞いてみましょう。また、いろいろな質問をしてみるとそのことに関して精通しているかどうかは分かります。
エクステリアだけ知っている業者、庭造りだけしか知らない業者は止められたほうが良いでしょう。

 

不安を抱いておられるお客様へ

価格が安いことは魅力ですが、その分リスクもあります。
例えば、粗悪な材料を使ったり、手抜き工事であったり、安い価格には安いなりの落とし穴がありますのでご注意ください。

 

お客様のお声が私たちの活力です!
庭工房が日々精進するためにはお客様のお声が必要です。
聞きたいこと、期待していることなどあればお気軽にお問い合わせください。

menu

私たちがサポートします

庭工房はこんな会社です

対応エリア